• HOME
  • beatcovid
  • 20200928 新型コロナウイルス感染拡大への茨城大学工学部の対応について(9)

20200928 新型コロナウイルス感染拡大への茨城大学工学部の対応について(9)

前のページに戻る

令和2年9月28日

茨城大学工学部長 増澤 徹

20200928 R2年度後期の対応について

茨城大学工学部の学部生の皆さん, コロナ禍の中,猛暑,台風が去り秋風が吹くこのごろとなりました. 気温や気圧の変化で体調を崩しやすい季節ですので, 十分に気をつけてください. もし体調不良等で困った場合,躊躇せずに大学のほうにご相談ください.

さて, 9月29日からR2年度の後期が始まります. 茨城大学工学部では, 実験・実習等の対面授業は時間割通りに実施します. 実験・実習はグループに別れて実施するため, 3密のコントロールはしやすいと考えていますが, 場合によっては「密集する」との報告もあります. 学生間距離には十分に気をつけて受講してください. 教室のキャパシティ上, 3密防止が困難である座学授業はオンライン授業となります. オンライン授業は自宅で受講することが原則ですが, キャンパスへの入構機会を増やすために, 教室内でオンライン受講することを勧める授業もありますので, ご了承ください. 対面授業でキャンパスに来る場合, その前後のオンライン授業は自宅で受講するのは難しいと考え, オンライン授業受講用の教室を各学科向けに用意しました. 自宅のネットワーク環境が不安な学生さんも, 随時, 各学科向けのオンライン授業受講用教室を使用していただいて結構ですので, ご活用ください. 教室内の受講者数が多い場合は, 3密をさけるために自学科向け教室にこだわらず, 空いている他教室を利用してください.

このように, 後期から対面授業やキャンパス入構が許可されますが, その一方, 学生, 教職員には過去2週間の体温, 体調, 行動記録が義務付けられ, 感染者発生時に提出していただくことになりました. 既に学務グループからメールで情報提供がなされていますが, スマホアプリやFormsを使って各自, 体温, 体調, 行動記録を毎日つけてください. また, 大学からフェースシールドの配布も行いますが, フェースシールドは「顔に液体等がかかることを防止する」ためのものであり, 「自らの飛沫飛散を防止する機能は低い」ものです. 物理的に顔がカバーされますと安心感がありますが, フェースシールドを着けていても, 他者への感染を予防するために, 屋内で会話する時はマスクを着用してください. 屋外で, かつ会話をしない場合は, その限りではありません. 各自よく考えてNew Normalの生活様式の創出をお願いします.

工学部の教育には, 学習到達レベルを試験で評価せざるを得ない理論的知識の獲得に関するものが多いため, 授業はオンラインで行っても, 期末試験は対面で行う科目も多くあります. 対面期末試験を行う場合は, 3密を避けるために複数の教室を使用する予定です. 教室確保のために, 他の授業や期末試験の時間が変更される可能性がありますので気をつけてください. 今後はwithコロナの新しい大学生活様式についても, 皆さんと一緒に考えていくことになります. コロナに負けず, 新しい日常を作り上げましょう.

  • 新型コロナウイルス関連情報
  • (研)茨城大学工学部公式 YouTube 研究者紹介動画
  • ライブ講義集
  • 茨城大学 受験生応援
  • 入学を決めた理由
  • 大学案内パンフレット
  • 来学する際のお願い
  • 茨城大学工学部公式facebook
  • 工学部教員一覧
  • 教職員向けメニュー
  • 学内向けメニュー
  • 工学部学生意見
  • ?未来を創る工学?未来を創ろう!地球を救う科学技術を学ぼう!
  • 茨城大学バナーB
  • 茨城大学大学院理工学研究科バナーB

このページの先頭へ