• HOME
  • beatcovid
  • 20201218 新型コロナウイルス感染拡大への茨城大学工学部の対応について(10)

20201218 新型コロナウイルス感染拡大への茨城大学工学部の対応について(10)

前のページに戻る

このお知らせに関する最新情報は新型コロナウイルス関連情報にあります

令和2年12月18日

茨城大学工学部長 増澤 徹

20201218 感染拡大第3波への対応について

茨城大学工学部の学部生の皆さん, 新型コロナウイルス感染症が再度猛威を奮いはじめ, 年末年始前に第3波到来の様相を示していますが, いかがお過ごしでしょうか?

茨城大学でも後期に入ってから, 学生, 教職員に感染者を確認しています. 幸い, 学生・教職員個人や大学の感染防止策が功を奏し, 感染拡大, クラスターの発生等には至りませんでした. 関係部署の消毒, 濃厚接触者の陰性確認, 2週間以上の観察期間も終了し, 通常状態に戻っております. 今回の感染症のやっかいなところは「症状が発生する前の潜伏期が2日〜14日であること」,「発症前2日程度が最も感染力が強いこと」,「発症しても高齢者以外は無症状, 軽症が多いこと」が挙げられます. 感染してから潜伏期2週間, 発症後1週間の計3週間が他者にうつす可能性が高い最大の期間と考えられます. 是非, 濃厚接触またはそれに近い状況になりましたら3週間の特に慎重な行動・経過観察をお願いします. 今まで皆さんには「ウイルスをキャンパスに持ち込まない」を目標に感染対策にご協力いただきましたが, 感染拡大第3波が来ている今, 気をつけていても, いつ感染するか分からない状況になってきました. そこで,「ウイルスをキャンパスに持ち込まない」は引き続き第一目標にしていきますが, 「ウイルスを他者に拡散しない」にも力を入れていきたいと思います.

【伝染らない,伝染さない活動】
 1)マスクによる飛沫拡散防止
 2)手洗い,消毒による接触感染防止
 3)換気による飛沫吸込防止
 4)対人接触時間は15分以下にして感染確率低下
特に,
 「食事の最中に会話を行わない」=「マスクが無い状態では会話をしない」

 「会話を行う際は必ずマスクを着用する」=「いつでもどこでもマスク」
は重要です.食堂や研究室で昼食を取るときは十分にご注意ください.

スーパーコンピュータ富岳によるシミュレーションではマスクによる飛沫拡散抑制率は70〜80%ですが, フェースガード, マウスガード(TVでよく見ますが・・・)では10%に激減します. フェースガード, マウスガードではなく, 「マスクをキャンパス内や公共の場では常に使用」 を確実に実施のほど, よろしくお願い申し上げます.

さて,年末年始は, 「伝染らない,伝染さない」 に気をつけつつ, 十分に休養を取り, 1月からの講義や研究に備えてください.
 皆で, コロナに負けず, 新しい日常を作り上げ, 新年を迎えましょう.

  • 新型コロナウイルス関連情報
  • (研)茨城大学工学部公式 YouTube 研究者紹介動画
  • ライブ講義集
  • 茨城大学 受験生応援
  • 入学を決めた理由
  • 大学案内パンフレット
  • こうがく祭2020
  • 来学する際のお願い
  • 茨城大学工学部公式facebook
  • Instagram Bバナーサイズ
  • 工学部教員一覧
  • 教職員向けメニュー
  • 学内向けメニュー
  • 工学部学生意見
  • ?未来を創る工学?未来を創ろう!地球を救う科学技術を学ぼう!
  • 茨城大学バナーB
  • 茨城大学大学院理工学研究科バナーB

このページの先頭へ