あゆかわ荘 (旧:研究者交流施設)

前のページに戻る

English version is here.

施設の目的

この施設は、茨城大学教職員の福利厚生や、教育や研究のために茨城大学を訪問する方、また本学の学生やその家族の宿泊を目的として利用することができます。

施設概要

  • 建築年 平成15年10月
  • 所在地 茨城県日立市鮎川町6-10
  • 駐車場 施設内に7台
  • 電話 設置されていません
  • インターネット 全室でWi-Fiがご利用いただけます
  • 宿泊室全室バス・トイレ付き、冷暖房完備、TV、ベッド、机、椅子

※長期者用(202・203・206号室) 布団、毛布、枕、パジャマ、バスタオル、タオル、シャンプー、リンス、ボディソープ等の生活必需品は使用者が用意してください。

※短期者用(201・205号室) 布団、毛布、パジャマ、バスタオル、タオル、シャンプー、リンス・ボディソープ、ドライヤーは、備付けがあります。

ref-hall.jpg ref-kitchen.jpg ref-dining.jpg
1F ホール キッチン ダイニング
ref-single-room.jpg ref-twin-room.jpg ref-bath-toilet.jpg
シングルルーム ツインルーム バス・トイレ
  • 共通(1F)

ホールテーブル・椅子・ソファ

キッチン&ダイニング流し台・電子レンジ・電気ポット・冷蔵庫・テーブル・椅子

  • 注意事項

1 食事は、付いておりません。

2 洗濯機は、ありません。隣接している国際交流会館1階をご利用ください。

3 施設内は、全館禁煙です。

4 建物内は、土足厳禁です。

5 玄関は、関係者以外が立ち入らないように締めてください。

6 使用申込者以外の宿泊は、禁止です。

7 共同キッチンは、清潔に使用し火気に気を付けてください。

8 他の宿泊者の迷惑にならないようにしてください。

9 退去の際は、施設内に私物は置いていかないでください。

10 故意または過失により備品を破損、紛失した場合は、弁償していただくこともあります。

11 代理申込者は、保証人として学外の使用者が宿泊時に起したトラブル等について責任を負っていただく場合があります。

  • 管理人平日のみ(8時30分~17時15分)

土曜日・日曜日・祝日・休日・盆休み(8月中旬)・12月29日~1月3日は不在になりますが、都合により、平日に不在になる日があります。

  • 問合せ先

茨城大学工学部総務係

〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1

TEL 0294-38-5004

利用できる期間と時間

区分 使用できる期間 使用できる時間
短期使用 1週間以内 チェックイン 16:00

チェックアウト 10:00
長期使用 1月以上1年以内
集会使用 9:00~21:00

宿泊料金・集会利用料金

部屋番号
区分
タイプ 宿泊・利用料金
(税抜価格)
備付品について注意事項
201号室
短期者用
ツイン
38m²
1人利用
1泊 1,905円
2人利用
1泊 3,810円
短期者向けの備付品:
パジャマ・バスタオル・タオル・シーツ・シャンプー・リンス・ボディソープ・ドライヤー
202号室
長期者用
シングル
16m²
1人利用
月額 28,571円
日額 952円
長期者向けのため、布団やシャンプー、茶碗、鍋等の生活必需品は、使用者が準備をしてください。
203号室
長期者用
シングル
16m²
1人利用
月額 28,571円
日額 952円
長期者向けのため、布団やシャンプー、茶碗、鍋等の生活必需品は、使用者が準備をしてください。
205号室
短期者用
シングル
16m²
1人利用
1泊 1,905円
短期者向けの備付品:
パジャマ・バスタオル・タオル・シーツ・シャンプー・リンス・ボディソープ・ドライヤー
206号室
長期者用
シングル
16m²
1人利用
月額 28,571円
日額 952円
長期者向けのため、布団やシャンプー、茶碗、鍋等の生活必需品は、使用者が準備をしてください。
集会 約20名 1人利用
1時間 95円

施設使用料金には、光熱水料が含まれています。

利用申込みに関する注意

利用申込みは外国人研究者などの長期利用者が優先になります。そのため、教職員や学生、またその家族の利用申込みは1ヶ月前からの受付となります。

また、施設の利用期間に関しては最大1週間以内までの、短期利用に限ります。

宿泊申込方法

1 「日立地区研究者交流施設使用申込書」を工学部総務係に提出してください。

2 大学教職員以外の方が利用したい場合は、本学部教職員が代理申込をすることができます。

3 工学部長は、使用を許可された者に「日立地区研究者交流施設使用許可書」を交付します。

4 外国の方が使用する場合は、代理申込者も立ち会いのもとで宿泊料の支払等の事務手続きをしてください。

宿泊使用料の支払方法

1 使用料は、使用開始日又は退去日が月の途中である場合は、当該入居日数により算出した額となります。

2 短期使用者は、使用する当日までに会計第一係で現金を納入してください。

3 長期使用者は、毎月本学が指定する日までに、月ごとの使用料を「振込依頼書」により金融機関で納入してください。

4 使用料の返還について

原則として納付された使用料は返還いたしません。

退去の手続

次のいずれかに該当したときは、速やかに退去しなければなりません。

1 使用期間が満了するとき

2 工学部長から使用許可が取り消されたとき

3 自己の都合により退去するとき

長期使用者が退去しようとする時

「退去届」を退去する5日前(行政期間の休日を除く)までに工学総務係に提出しなければなりません。

ただし、使用許可を取り消された者にあっては、この限りではありません。

重要なお知らせ

1.使用許可の取消

工学部長は、入居者が次の各号のいずれかに該当したときは、入居の許可を取り消すことができます。なお、入居の許可が取り消しとなった場合は、速やかに指示に従わなければなりません。

(1) 利用資格を失ったとき

(2) 使用料を期日までに納入しないとき

(3) 賠償義務を履行しないとき

(4) その他工学部長が館の管理運営上著しく支障があると認めるとき。

許可を取り消された場合に、入居者が被る損失については、本学部は一切その責を負わない。

2.遵守事項

使用者は、館内の施設・設備及び備品を正常な状態で使用することに留意し、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 館内に使用者以外の者を宿泊させないこと

(2) 居室を居住以外の目的に使用しないこと

(3) 施設・設備及び備品の改造又は館外への持ち出しをしてはならない。

(4) 防火管理、保健衛生管理、災害防止その他館の管理上行う本学部及び関係者の指示に従うこと。

3.賠償義務

入居者が故意又は重大な過失により、施設・設備及び備品を滅失、損傷又は汚損したときは、直ちに工学部長に届け出るとともに、遅滞なくこれを原状回復し又は損害を賠償しなければならない。

4.代理申込者の責務

学外の使用者に代わって申込をした者は、使用者が遵守事項を遵守できない場合や賠償義務が生じたとき等は、使用者の保証人としての賠償義務等の責を果たす場合があります。

アクセス

・常陸多賀駅から利用する場合

JR常陸多賀駅 → 日立電鉄バス③番乗り場「行先1、34、41、54」に乗車 → 「油縄子下町」で下車 → 徒歩3分

・JR日立駅から利用する場合

JR日立駅 → 日立電鉄バス③番乗り場「行先6、19、21、22、26」に乗車 → 「油縄子下町」で下車 → 徒歩5分

・車の場合

常磐高速道日立中央IC → 国道6号線を水戸方面へ → 約15分

常磐高速道日立南太田IC → 国道6号線を日立方面へ → 約30分

・徒歩の場合

茨城大学工学部 → 徒歩10分

JR常陸多賀駅 → 徒歩40分

案内マップ

map_ja.jpg

申込書その他

申込から入室までの手順 (本学教職員による代理申込の場合)

宿泊使用 : 短期使用 (1週間以内)

STEP1 : 代理申込者 工学部総務係に空室状況を確認してください。
STEP2 : 代理申込者 空室確認後、「日立地区研究者交流施設使用申込書」に記入し、工学部総務係に提出してください。
STEP3 : 総務係 「使用許可書」を代理申込者に交付いたします。
STEP4 : 代理申込者 宿泊使用料を宿泊日までに会計第一係へ「日立地区研究者交流施設使用許可書」を持参し、現金を納付してください。
STEP5 : 代理申込者 使用者の入居日に総務係から「日立地区研究者交流施設」の暗証番号を教えてもらいます。
STEP6 : 使用者 代理申込者から暗証番号を教えてもらい指定された部屋が利用できます。

宿泊使用 : 長期使用 (1月以上1年以内)

STEP1 : 代理申込者 工学部総務係に空室状況を確認してください。
STEP2 : 代理申込者 空室確認後、「日立地区研究者交流施設使用申込書」に記入し、工学部総務係に提出してください。
STEP3 : 総務係 ①「使用許可書」を代理申込者に交付いたします。
② 財務課経理グループへ「日立地区研究者交流施設使用申込書」(写)をFAXし、「振込依頼書」の作成を依頼する。
STEP4 : 財務課 「振込依頼書」を工学部総務係に送付する。
STEP5 : 総務係 「振込依頼書」を代理申込者に渡し、使用者に使用料を【納入期限内】に支払いをしてもらう。
STEP6 : 代理申込者 使用者の入居日に総務係から「日立地区研究者交流施設」の暗証番号を教えてもらいます。
STEP7 : 使用者 代理申込者から暗証番号を教えてもらい指定された部屋が利用できます。
STEP8 : 【退去】 退去の5日前(行政機関の休日を除く)までに「退去届」を工学部総務係へ提出し、宿泊使用料の精算(日割計算)手続きを行ってください。

このページの先頭へ