• HOME
  • お知らせ
  • 電気電子システム工学科の田中正志講師らの論文がAdvances in Engineering社からKey scientific articleに選出されました

電気電子システム工学科の田中正志講師らの論文がAdvances in Engineering社からKey scientific articleに選出されました

前のページに戻る

2019年にEnergy conversion and management (IF値7.181) に発表した論文 "Proposal of novel degradation diagnosis method for photovoltaic module employing xenon flash lighting system and detector capacitor" が,工学的に注目に値する論文として,Advances in Engineering社からKey scientific articleとして,同社ホームページで紹介されました。

詳しくは こちら をご覧ください。

同社では,エネルギー工学,機械工学,化学工学など様々な科学と工学分野の主要な学術雑誌より20篇/week、採択率0.1%以下の基準で,重要な研究を抽出し,同社ホームページでKey scientific articleとして論文紹介を行っています。

今回の対象論文 (詳しくは こちら )

T. Tanaka, T. Hayashi, T. Nagayama, T. Yanagidaira, Y. Inui,

"Proposal of Novel Degradation Diagnosis Method for Photovoltaic Module Employing Xenon Flash Lighting System and Detector Capacitor" ,

Energy Conversion and Management, 186, pp. 450-461 (2019).

研究概要

今回紹介された論文は,茨城大学工学部電気電子システム工学科の田中講師,柳平教授,滋賀県立大学の乾教授らの共同研究で,キセノンフラッシュランプとキャパシタを利用した太陽光発電パネルの劣化診断法を新たに提案し,その有効性をシミュレーションと実験の両方で確かめた論文です。特に,診断精度が高く且つパネル内部の腐食による性能低下およびパネル背面のバイパスダイオードの故障の両方が発見できる画期的な診断手法です。

田中講師のコメント

本論文の共著となっている学生も数々の学会賞を受賞しており,学協会でもその研究が認められています。このたびKey scientific articleの選出に至った質の高い学術論文が完成したのは,研究費がほとんど無いようなまだまだ萌芽段階だった頃から,以下の エネルギーシステム研究室 の卒業生らが種々の工夫をして熱心に研究を進めてくれたおかげです。

その点はここに記して謝意を示します。

2018年度 電気学会新エネルギー環境研究会「若手優秀発表賞」 長山智哉

2019年度 電気学会東京支部茨城支所研究発表会 優秀発表賞 林賢俊

  • 茨城大学 受験生応援
  • 大学案内パンフレット
  • 茨城大学
  • 茨城大学大学院理工学研究科
  • こうがく祭2019
  • 工学部入試情報
  • ライブ講義集
  • 日立キャンパスの節電対策&使用電力
  • 来学する際のお願い
  • 茨城大学工学部公式facebook
  • Join Us!
  • 工学部教員一覧
  • 教職員向けメニュー
  • 学内向けメニュー
  • 工学部学生意見
  • ?未来を創る工学?未来を創ろう!地球を救う科学技術を学ぼう!

このページの先頭へ