• HOME
  • 日立キャンパスにおける節電対策

日立キャンパスにおける節電対策

前のページに戻る

日立キャンパスの使用電力

日立キャンパスにおける節電対策(12/1以降の工学部節電方針)

 

1. はじめに

     2011年11/18付けで茨城大学グリーン推進委員会委員長 山本理事から指示された「冬期の暖房運転」 (資料1-a) に従い、工学部では、以下の節電対策をとることとする。

2. 日立キャンパスにおける節電対策

     (1) 空調
  空調は3月の評議会で承認された、「冷暖房の適正使用」についての学長方針 (資料2-a) に準ずる。
・冬期暖房12月~3月  設定温度19度
・冬期は時間制限はない。 但し、PM4時以降はキャンパス内の電力使用量が急増する傾向にあるので、工学部構成員にはより一層の節電を心がけて頂きたい。
・研究室・実験室等においては、「通常使用の申請書」を工学部長に提出すれば、その理由により設定温度等の変更を許可する場合もある。
・講義室、学生実験室においては、講義中および実験中における学生の快適な学習環境を維持するために、授業担当教員の判断で設定温度を変更してもよい。 但し、講義終了後は空調OFFを授業担当教官の責任で必ず確認すること。

     (2) 照明
  ・実験室・研究室については、必要があれば、蛍光管の間引きを1/3に緩和する。
・廊下等は従来通りの節電対策を維持する。

     (3) PC
  ・従来通りの節電対策を維持する。

     (4) 巡視による点検
  電力使用量について、研究室・実験室等の暖房の設定温度及び運用状況を把握するために、巡視による暖房運転状況の点検を行うことがある。

 

 

 



日立キャンパスにおける節電対策(9/23~11/30)

 

1. はじめに

     2011年の9/22までは、夏期の節電対策を実施することが学長から指示されていました(資料1)。2011年9/23以降については、9/15の評議会で節電対策に対する学長方針が表明されました(資料2)。その主旨は「茨城大学グリーン化推進計画」(資料3)に従い、引き続き節電に努力するというものです。工学部としても、この学長方針に準じて、以下の節電対策をとることとします。



2. 日立キャンパスにおける節電対策

     (1) 空調
  空調は3月の評議会で承認された、「冷暖房の適正使用」についての学長方針(資料4)に準じます。
・夏季冷房 7月~ 9月  28度
・冬季暖房12月~ 3月  19度
・研究室・実験室においては「通常使用の申請書」を提出すれば、その限りではありません。

     (2) 照明
  ・実験室、研究室については、必要があれば、蛍光管の間引きを1/3に緩和します。
・廊下等は従来通りの節電対策を維持します。

     (3) PC
  ・従来通りの節電対策を維持します。

 

 

 



日立キャンパスにおける節電対策(6/27~9/22)

 

1. はじめに

     7~9月においては、昨年比でピーク時の電力使用量の15%削減が求められており、ピーク時で879kWh以下にする必要があります。このための手法の効果を明らかにするために、5月30日と31日、6月13日と14日に、消費電力調査を行いました。この結果に基づき、日立キャンパスにおける節電対策(案)を策定しました。
※消費電力調査結果については、上部PDFをご覧下さい。



2. 日立キャンパスにおける節電対策

     (1) 照明
     講義室、授業で使用する実験室を除き、教員の研究室、学生居室などの部屋の照明を、基準照度を満足できる程度に照明(蛍光灯)の間引きを行って下さい。廊下、洗面所などの共通スペースについても、間引きを行って下さい。照明の間引きは、概ね1/2を目安としています。

     (2) PC
     PCは照明に比べ節電効果は小さいものです。しかし、低電力機能として、モニタ電源オフではなくシステムスタンバイ、システム休止を使用すると、10~15%程度の電力節減が可能とされています。このため、個人使用のPCについては、原則として、「節電モード」に設定することを徹底して下さい。なお、帰宅時などには、未使用のPCは電源を切って下さい。

     (3) 空調
     空調の消費電力は日立キャンパスでは、建物による依存性が高いのですが、照明と同等以上の消費電力となっているため、電力節減効果が大きいものとなります。そこで、期間を決め、2グループに分け、空調の計画的な停止を行います。具体的には、建物を2グループ(N棟&E棟、W棟&S棟)に分けて、教員の居室、学生居室などの空調の使用を制限します。なお、空調の設定温度は28度以上とし、E1棟の空調(オン後30分で自動オフ)については学生が空調のオンを行うことは禁止します。
   昼休みならびに休憩時間の10分間は使用禁止とし、オン/オフの移行のための時間とすることで、空調のオン/オフによる突入電流の対策とします。

   なお、以下のスペースは対象外とし、必要に応じて、退避場所として利用することとします。
    ・E1棟(講義室、ラウンジ、10番教室)
       ※10番教室は、講義に利用していない時間は教員の退避場所とします。
    ・図書館
    ・生協
    ・保健室

     制限期間 : 6/27(月)~9/22(木)

  表1がN棟とE棟、表2がW棟とS棟のタイムスケジュールとなります。

  ※1 昼休みならびに休憩時間の10分間は使用禁止です。
  ※2 10:30まで、17:30以降の空調の使用制限は行いません。
  ※3 夏季休業期間中は空調の使用制限は行いません。


表1 N棟、E棟の空調運用スケジュール
期間 時間帯
10:30~12:00 12:40~14:10 14:20~15:50 16:00~17:30
6/27~7/2 使用可 使用不可 使用可 使用不可
7/4~7/9 使用不可 使用可 使用不可 使用可
7/11~7/16 使用可 使用不可 使用可 使用不可
7/18~7/23 使用不可 使用可 使用不可 使用可
7/25~7/30 使用可 使用不可 使用可 使用不可
8/1~8/6 使用不可 使用可 使用不可 使用可
8/8~8/13 使用可 使用不可 使用可 使用不可
8/15~8/20 夏季休業
8/22~8/26 使用不可 使用可 使用不可 使用可
8/29~9/2 使用可 使用不可 使用可 使用不可
9/5~9/9 使用不可 使用可 使用不可 使用可
9/12~9/17 使用可 使用不可 使用可 使用不可
9/19~9/22 使用不可 使用可 使用不可 使用可

表2 W棟、S棟の空調運用スケジュール
期間 時間帯
10:30~12:00 12:40~14:10 14:20~15:50 16:00~17:30
6/27~7/2 使用不可 使用可 使用不可 使用可
7/4~7/9 使用可 使用不可 使用可 使用不可
7/11~7/16 使用不可 使用可 使用不可 使用可
7/18~7/23 使用可 使用不可 使用可 使用不可
7/25~7/30 使用不可 使用可 使用不可 使用可
8/1~8/6 使用可 使用不可 使用可 使用不可
8/8~8/13 使用不可 使用可 使用不可 使用可
8/15~8/20 夏季休業
8/22~8/26 使用可 使用不可 使用可 使用不可
8/29~9/2 使用不可 使用可 使用不可 使用可
9/5~9/9 使用可 使用不可 使用可 使用不可
9/12~9/17 使用不可 使用可 使用不可 使用可
9/19~9/22 使用可 使用不可 使用可 使用不可

     (4) エレベータ
     現状通り、荷物の運搬、ならびに5階以上への移動にのみ、エレベータを利用可とします。

     (5) 緊急時の処置
    
  • ・デマンドメータにより、30分後に制限値(879kWh)を超える警報がでた場合は、学内一斉放送ならびにメールにより通知し、エアコンの使用、エレベータの使用を一時的に禁止します。
  •   
  • ・緊急時からの復旧については、デマンドモニタにより消費電力が制限を越えないことを確認した後、学内一斉放送ならびにメールにより、空調使用可能な棟に順次通知し、復旧を行います。
  •   
  • ・運用は事務にて対応するものとします。



  • 3. 目標とする効果

        
    1056kWh  ×  0.3×0.7  +  0.3×0.7  +  0.15×0.9  +  0.25  )  =  850kWh  <  879kWh
          照明   空調   PC等 その他        
        PDFの消費電力調査結果とあわせてご覧ください。



    4. その他


    • ノートPCについては、夜間バッテリー充電とし、昼間の10:30~15:00くらいは バッテリーで使うようにして下さい。
    • 扇子、団扇、扇風機を利用し、なるべく空調は使わないようにして下さい。
    • 空調を利用する場合、少数の人がバラバラに部屋で空調を利用するのではなく、なるべく一部屋に固まって、空調を利用して下さい。
    • うち水による冷却
    • 日除けの利用
    • クールビズの徹底(ノーネクタイ、ノージャケットの徹底。来客等で失礼にならなければショートパンツ、Tシャツなどの軽装。)



    5. おわりに

         本対策については、6月27日から試験運用に入り、効果の確認を行いながら、7月1日に備えることになります。各位の御協力をお願いします。なお、目標が達成できないようであれば、新たな利用制限の施策を検討し、対処を行うこととなります。
    • こうがく祭2017
    • 工学部改組
    • 茨城大学
    • 茨城大学大学院理工学研究科
    • 工学部入試情報
    • 日立キャンパスの節電対策&使用電力
    • 来学する際のお願い
    • 一般の方からのお問合せ
    • 茨城大学工学部公式facebook
    • Join Us!
    • 大学案内パンフレット
    • 工学部教員一覧
    • 教職員向けメニュー
    • 学内向けメニュー
    • 工学部学生意見
    • 工学部教職員意見箱
    • ?未来を創る工学?未来を創ろう!地球を救う科学技術を学ぼう!

    このページの先頭へ