塑性加工科学教育研究センター

前のページに戻る

伊藤吾朗センター長
伊藤吾朗センター長

   塑性加工は、切りくずを排出せず、高い温度も必要としない(環境にやさしい)加工であり、加工自体の他に、素材の特性に対する基礎的知見も必要であり、材料加工の中で、極めて高い付加価値を生む加工です。したがって単なる勘と経験に頼るものづくりではなく、科学的に先を見据えた研究開発を行わなければ、最先端を維持できません。

   茨城大学工学部は他大学に比べてこの分野の教員を多数擁しており、平成22年度から、「塑性加工を科学するフォーラム」の活動を行ってきました。そして当センター設立後は、教育にも重点を置き、共同研究を通じての大学院生の教育、出張講義、社会人Dr受入れなど、塑性加工を科学的にとらえた教育研究活動をさらに活発に行っています。長期的ビジョンに立ち、この分野で地域の皆様とともに発展していきたいと思います。

センターの役割

センター構成員

役職氏名専門分野リンク
センター長
教授
伊藤 吾朗 塑性加工、熱処理、機械金属材料、水素社会用金属材料 研究室
副センター長
教授
鈴木 徹也 鉄鋼材料、軽金属材料の塑性加工、ミクロ組織制御  
副センター長
准教授
西野 創一郎 軽量化設計工学、材料強度学、材料加工学(塑性加工学) 研究室
教授 堀辺 忠志 弾性力学、計算力学、き裂の逆解析 研究室
教授 岩本 知広 粒界・界面、接合工学、電子顕微鏡学 研究室
名誉教授 本橋 嘉信 機械材料工学、超塑性の基礎と応用  
准教授 車田 亮 機械材料工学、材料特性評価  
准教授 岩瀬 謙二 構造・機能材料、水質貯蔵材料、中性子回折  
准教授 田代 優 異種金属接合、表面処理(めっき)、物理化学  
講師 永野 隆敏 第一原理計算、分子動力学  
助教 小林 純也 塑性加工、金属組織制御  


報告書

このページの先頭へ