情報工学科

前のページに戻る

コンピュータとネットワークのプロ

情報工学科イメージ  現代社会はコンヒュータとそのネットワークを抜きにしてはもはや考えられません。流通・金融・製造など、さまざまな分野で必要不可欠なものになっています。

 
  情報工学科の学生は、「コンピュータとネットワークのプロ」になるために幅広い分野の勉強と研究をします。
 
  講義・演習・実験・卒業研究では、学問的基礎を中心にすえ、最先端の知識を修得することはもちろん、進化し続ける情報工学の最先瑞を切り開くための考え方を修得します。
 
  情報工学科を志望する人には、物事を論理的に思考し表現できる資質が期待されています。

学科のポリシー

茨城大学工学部 情報工学科 ポリシー

取得可能な資格

【工学部共通】

  • 技術士、ボイラー技士、高等学校教諭一種免許状(工業)

こちらのページもご覧ください。

情報工学科卒業生の進路状況(平成28年3月末現在)

卒業者数進学者数就職者数その他
6528361

*「その他」欄のカッコ数字は「大学院進学希望学生、帰国留学生及び公務員再受験希望者」数を内数で記載。

主な進学・就職先

茨城大学大学院、筑波大学大学院、日立オートモティブシステムズ(株)、(株)日立パワーソリューションズ、(株)日立産業制御ソリューションズ、大日本印刷(株)、東日本旅客鉄道(株)、(株)ソリトンシステムズ、成田国際空港(株)、茨城計算センター(株)



  • 本年度の就職担当者はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ