学部長あいさつ

前のページに戻る

工学部長

茨城大学工学部のホームページへようこそ

茨城大学工学部は、1939年に日立製作所と茨城県の協力のもとに設置された官立高等工業学校を母体として、1949年に茨城大学工学部として設立されました。以来,65年にわたり、茨城県日立市にキャンパスを置いて人と自然環境に調和したイノベーション創発と高度科学技術の実践を目指して教育研究に取り組んでおります。

その間、好不況にもかかわらず、工学部の卒業生や大学院の修了生は、非常に高い就職率を達成しています。その就職先は、地元の日立製作所及びその関連企業、多くの有名企業、技術力のある中堅企業など多岐にわたっています。

茨城大学工学部は工学のほぼ全分野をカバーする規模を持ち、8学科と5つの工学部附属教育研究センターから構成されています。これらを生かした、以下のような特色を持っています。

  • 各学科の深い専門基礎知識が身につけられるカリキュラムを整備するとともに、学科の枠を超えて多彩な先端的知識が身につけられる教育プログラムも準備しています。
  • 日立製作所を始めとする地元関連企業と連携した実践力のある高度技術者を養成する教育を行っています。
  • 茨城県の筑波地区や東海地区などの研究機関と連携した世界最先端の研究を進めています。
  • 工学部の卒業生の約半数が大学院に進学し、高度な先端的な研究を行っています。大学院生には、国際会議で英語で発表を行う機会を持たせるなど、グローバルな人材育成にも取り組んでいます。

このようなことが社会に評価され、就職状況も大変好調で、多くの卒業生を世の中に送り出し、我が国の産業を支える技術者の養成に貢献してきました。

工学という学問は,ものづくりの喜びとともに,快適・安全・安心な社会を作り上げることに貢献できます。茨城大学工学部で楽しく工学を学び、共に社会に貢献していきませんか?

工学部のホームページでは、各学科の教育および研究内容を紹介しています。ご覧頂けば、皆さんのやりたいことが必ず見つかるものと思います。教職員一同,皆さんの入学を心からお待ちしております。

茨城大学工学部長  馬場 充

このページの先頭へ