学費免除・奨学金

前のページに戻る

入学料免除・猶予

1 入学料免除について

学部入学生については、「入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者が死亡し、又は入学する者若しくは入学する者の学資を主として負担している者が風水害等の災害を受けた場合」など、特別な事情により入学料の納入が著しく困難であると認められる場合は、本人の申請により選考の上、入学料を免除(全額若しくは半額免除)することができます。

2 入学料猶予について

入学料の免除及び徴収猶予を願い出た場合は、学長が入学料の免除の許可若しくは不許可又は徴収猶予の許可若しくは不許可の決定をするまでの間は、願い出のあった入学料の徴収を猶予することができます。

(参考規程) 茨城大学入学料免除及び徴収猶予に関する規程

授業料免除、授業料徴収猶予および月割分納

経済的理由により授業料を納入期限までに納入することが困難であると認められ、かつ、学業優秀と認められる学生、その他やむを得ない事情と認められる学生は、授業料の全額または半額の免除。もしくは、徴収猶予または月割分納が許可される制度があります。詳細は「 こちら 」をご覧ください。

奨学金制度

日本学生支援機構による奨学制度が主なもので、そのほかにも地方公共団体や公益法人等の奨学金があります。 これらは、いずれも学業・人物ともに優秀で、かつ健康であって、経済的理由により修学が困難である学生に対して、本人の願出に基づき選考のうえ、貸与されます。 詳細は「 こちら 」をご覧ください。

経済的支援

学生への経済的支援や職業意識・職業観を育むことを目的として、「学内ワークスタディ制度」があります。業務内容としては本学の業務運営補助など、基本的に学内に実施されるものに限られます。詳細については「 こちら 」をご覧ください。

このページの先頭へ