学内の関連研究施設

前のページに戻る

工学部教員が兼務するなど、工学部と特に関係が深い学内の研究施設を紹介します。

地球変動適応科学研究機関(ICAS)

本機関は、東京大学を中心とするサステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)の研究拠点として本学に設置された研究機関で、「アジア・太平洋の地域性を生かした気候変動への適応」をテーマに研究活動を行っています。

フロンティア応用原子科学研究センター

本センターは、大強度陽子加速器(J-PARC)の卓越した能力を生かした中性子応用科学と応用原子科学の展開、さらにその産業応用と地域イノベーションに対応するものとして、茨城県との緊密な連携・協働を図りつつ、この分野における研究・教育・連携の拠点形成を目指しています。

広域水圏環境科学教育研究センター

本センターは、淡水域、汽水域、沿岸域および水に関わる地域の環境科学の研究教育を行う全学共同利用施設です。

このページの先頭へ